【五月人形】【収納飾り】正絹絲縅 真田幸村公 奉納鎧飾り

¥189,540 税込
商品コード: am12028
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
平安京翠作品 / 真田飾り
六文銭に鹿角脇立が勇壮な真田幸村公の赤塗り奉納鎧飾り

木目を活かした明るい欅塗の桐収納箱と「六文銭」「鹿角」の前脇立てが美しい真田幸村公型赤塗り鎧を組み合わせた、勇壮な奉納型鎧飾りです。

サイズ
間口62×奥行47×高さ93(cm)
収納時:間口62×奥行47×高さ35(cm)

現在でも人気の高い真田氏は、『真田日本一の兵、古よりの物語にもこれなき由』と徳川家康にも賞賛される程のツワモノとして恐れられていました。

また、真田六文銭の赤備え(あかぞなえ)は有名な話で、具足、旗差物などのあらゆる武具を朱塗りにした部隊編成し敵陣を震え上がらせました。

赤備えは特に武勇に秀でた武将が率いていた事が多く、後世に武勇の誉れの象徴として語り継がれたほどです。 旗印の六文銭は、仏教の六道銭をあらわしており、いわゆる“三途の川の渡し銭“でありこれを旗印にすると言う事は、いつでも死ぬ用意が有るぞ!と言うメッセージが込められているとされ、敵を恐れさせました。

この素晴らしい真田幸村公兜を基本に忠実に再現して、さらに勇壮にデザインして仕上げました。 特徴的な「六文銭」の前立て、「鹿角」の脇立てには、厚めの金鍍金加工を施しました。また、正絹で編み込まれた縅(おどし・全ての部品を繋ぐ紐の事)は重々しくも気品ある紺色で揃え、あご紐は太目の組み紐で、同じ紺色を採用しました。 兜の鉢に取りいれた阿古陀筋(あこだすじ)造りは通常の丸型でなく頭の形に沿った楕円になっており、より本物に近い高度な技術を駆使致しました。

あくまでもリアルなその形状は、普通の兜よりも高等なテクニックを要求される為、あまり数多く生産されないのが通常です。 錣(しころ・首を後ろから守る部分)の小札にも朱赤を採用し、紺の正絹縅で丁寧に編み込みました。 朱色は魔除けの色と言われ縁起が良く、お家の末長い発展とご家族みなさまの無事な成長を祈念するのにとても良きお色となっています。 縁起の良い朱色と天に高くそびえる鍬形で、力強くお子さまを厄や天災から護ります!

手、足の具足のないこの容は、お祝い事や勝負に勝った時等に氏神神社に奉納したおめでたい形の鎧飾りです。 神仏において不浄なものとされる顔や手足、そして手足で使用する弓太刀も排除した厳かな飾りです。 とても凛々しく、ご尊家の末長い発展とお子様の無事な成長を祈念する決意の表れの御旗となっています。

桐素材を採用した屏風と収納箱を兼用している飾台は、上品な欅塗り加工を施し木目を活かした造りとなっています。 台には床の間等の正式な場で使われる流備畳を採用、本物の持つ優雅さを味わう事が出来ます。 三つ折り屏風は、表面に京箔を貼った高級感ある造りにし、鎧をより豪華に引き立てています。

出し入れにも簡単なように設計されたセットなので、女性の方でも楽に飾り付ける事が出来ます。 場所を問わず飾る事が出来る上、しまう時も悩まずにすむ兜飾りセットです。 もちろん簡単にしまえるようにもなっていますので、収納にも大変便利で理想的な五月人形飾りとなっています。

<<手工芸品ならではのお願い>>
※商品は全て一つ一つ職人が手造りで製作しています。  職人が心を込めて手で作られている手工芸品のため、お届けする品の色柄が画像掲載品と多少異なる場合がございます。  手作業ならではの見え方があったり生地の柄の出方が違うなどや、製作時期により同じ商品でも多少の違いがございます。

※製品の表現上、とがった部分や小さな部品があります。  万一の場合危険ですので、小さなお子様が触れない様十分ご注意下さい。

※この製品の木製部分は、手造りによる仕上げとなっております。  大量生産品のような均一な出来とは違い、一品一品にスレやへこみ、部材による多少の反りや木目が出る場合があります。  天然素材であることをご理解の上、ご検討下さいませ。

※品質向上の為、細部の仕様が画像と異なる場合があります。

お問い合わせ

お電話でのご注文も承ります。

03-5950-0527

電話受付時間 平日10:00-19:00

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

レビューはありません。

レビューを投稿