【五月人形】【収納飾り】正絹山吹絲縅 真田昌幸公 奉納鎧飾り

¥189,540 税込
商品コード: am12030
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
六文銭と天衝の前飾りが勇壮☆重厚な真田昌幸公型奉納鎧飾り
六文銭と天衝の前飾りが勇壮な真田昌幸公型の重厚な鎧飾り。
伝統の甲冑師の技術が冴える手造りの五月人形飾りは、和室・洋室どちらにも合う品格と迫力ある五月飾りをお探しの方にお勧めです。

サイズ
間口62×奥行47×高さ97(cm)(cm)

現在でも人気の高い真田氏は、『真田日本一の兵、古よりの物語にもこれなき由』と徳川家康にも賞賛される程のツワモノとして恐れられていました。

また、真田六文銭の話は有名で、旗印の六文銭は仏教の六道銭をあらわしており、いわゆる“三途の川の渡し銭“でありこれを旗印にすると言う事は、いつでも死ぬ用意が有るぞ!と言うメッセージが込められているとされ、敵を恐れさせました。

戦国武将真田昌幸公は信濃の領主としてまた、武田信玄公の「我が眼」と称されるほど有能な家臣として人気があり真田幸村の父としても有名ですね。

その真田昌幸公の鎧兜を彦根城博物館蔵の甲冑より模写し今に伝える素晴らしいデザインを美しくセットしたシンプルで勇壮なお飾りです。

天を指す天衝に真田の印である六文銭を頂いた前立は見るものを圧倒させます。 シックなブロンズの兜の鉢に取りいれた筋鉢は、半円の型に幾つもの筋を入れたような様式です。 本物の形にこだわり、耳のような部分の吹き返しの形状もより忠実で、なおかつ優雅な線を表現しています。 伊予札仕立ての錣(しころ:兜の後ろの段々の部分)は山吹色の紐にて編み込んだ山吹縅としました。 ブロンズと山吹色のコントラストは、シンプルな奉納型鎧を力強く、かつ華やかに演出します。

手、足の具足のないこの容は、お祝い事や勝負に勝った時等に氏神神社に奉納したおめでたい形の鎧飾りです。

神仏において不浄なものとされる顔や手足、そして手足で使用する弓太刀も排除した厳かな飾りです。

とても凛々しく、ご尊家の末長い発展とお子様の無事な成長を祈念する決意の表れの御旗となっています。

恰好いい鎧を引き立てるのは、本場金沢の本金箔をふんだんに貼った丈夫な木枠の屏風と木目を活かした明るい欅塗の飾り台です。幕板正面にはアクセントとなる「一引」のデザインを施しました。

本金箔をふんだんに貼った丈夫な木枠の屏風は、破れたり切れたりする事が無いので安心してお飾りいただけます。 もちろん、手で貼って仕上げた金沢箔なので一つずつ貼りしわが違い、それが手造りの味となって生きています。 丈夫な造りの飾り台は、正式な床の間に使用される流備表(りゅうびんおもて)の畳台を仕込みましたので、色あせを気にする事も無く長く畳の風合いを楽しんでいただけます。

この、無駄な装飾のない五月人形飾りは、素材や造りにこだわったシンプルな組合せが品格と男らしさを醸しだします。

飽きのこない奉納鎧飾りは、和室、洋室どちらにもしっくりお飾りいただけます。

<<手工芸品ならではのお願い>>
※商品は全て一つ一つ職人が手造りで製作しています。 手工芸品のため、お届けする品の色柄が画像掲載品と多少異なる場合がございます。 手作業ならではの見え方があったり生地の柄の出方が違うなどや、製作時期により同じ商品でも多少の違いがございます。

※この製品の木製部分は、手造りによる仕上げとなっております。 大量生産品のような均一な出来とは違い、一品一品にスレやへこみ、部材による多少の反りや木目が出る場合があります。 天然素材であることをご理解の上、ご検討下さいませ。

※製品の表現上、とがった部分や小さな部品があります。  万一の場合危険ですので、小さなお子様が触れない様十分ご注意下さい。

※品質向上の為、細部の仕様が画像と異なる場合があります。

お問い合わせ

お電話でのご注文も承ります。

03-5950-0527

電話受付時間 平日10:00-19:00

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

レビューはありません。

レビューを投稿