【五月人形】【平飾り】朱赤縅 大鎧金沢箔屏風平台飾り

¥328,114 税込
商品コード: am12035
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
平安光雲作品
【五月人形】不道明王と光雲による繊細な作業で生み出す気品

細やかな目配りの利いた逸品です。
流備台に金沢箔屏風が、お腹の本革不動明王を際立たせます。

光雲師の重量感あふれる鎧飾り一式です。

サイズ
間口100×奥行48×高さ69 (cm)

太めの胴体が醸すその雰囲気は、造りの精密さと相まって、より勇壮な威厳を引き立てます。

一枚一枚の小札には純金箔を張り、さらに白檀の実をすりつぶした樹脂を塗り込むなど、伝統の技と技術をくまなく踏襲してあります。

透かし金具を多用した総金具造りは、全ての装飾品を厚金で透かし彫りで仕上げています。

もちろん正絹の組み紐を用いて、細密なピッチ幅で細かく細かく編み上げています。

お腹の部分には鹿革をなめした本革をあしらいました。

この本革には不動明王の絵柄が描き入れてあり、お子様の成長と厄をよけるよう見守ってくれています。

後ろに立つ屏風には古典的な本装の屏風を採用しました。

金沢金箔をふんだんに使った丈夫でしかも大きめな屏風は圧巻です。

弓や刀にも本物志向の素材と造りを要求して製作された一級品をセットしました。

流備おもての畳台も付いていますので、サイズ以上に大きく感じられるセットです。

品質、造り、素材、全てに贅を尽くした本物の京甲冑鎧飾りセットです。

『平安光雲 略歴』
幼少より父の作業場で慣れ親しみ、初代光雲の作風を継承すると共に、時代考証を充分に取り入れた上での独自の甲冑も数多く造り上げ発表している。 現在は京都東山知恩院前、白川畔に工房を構え、精力的に製作活動に励んでいる。 次代の京甲冑界を担っている業界の若きリーダーである。

※商品は全て一つ一つ手作りの品の為、お届けする品の色柄が画像掲載品と多少異なる場合がございます。

※この製品の木製部分は、手造りによる仕上げとなっております。 大量生産品のような均一な出来とは違い、一品一品にスレやへこみ、反りや木目が出る場合があります。 ご理解の上、ご検討下さいませ。

※品質向上の為、細部の部品仕様が画像と異なる場合があります。

お問い合わせ

お電話でのご注文も承ります。

03-5950-0527

電話受付時間 平日10:00-19:00

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

レビューはありません。

レビューを投稿