【五月人形】【コンパクト】甲州印伝 漆細工 兜平飾りセット(金屏風黒塗り台・弓太刀セット)

¥162,000 税込
商品コード: hm12027
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
小島辰広作品
【五月人形】赤い忍や漆細工が勇壮な長鍬形の豪華な兜飾り

上品な小桜なめし皮縅兜と気品ある金屏風黒塗り台をセットした、まさに正統派の兜飾りセット。
コンパクトに飾れる大きさながら迫力を感じさせる勇壮な兜台飾りセットです。

間口50×奥行30×高さ39(cm)

伝統工芸甲州印伝本革使用

amazonやYahoo!ショッピングでもお求めいただけます(クレジットカード支払い可)

兜は、金色に輝く細く長い鍬型には力強さが漲り迫力ある勇壮な兜に仕立てました。 耳のような形をした「吹き返し」にはなめし革を用い、甲州印伝で漆細工を施しました。甲州地方で伝えられる古くからの伝統工芸である印伝細工とは、鹿などの皮をなめした素材に染色を施し漆で模様を描いた芸術的な技法です。この印伝細工を吹き返しの部分にふんだんに扱いました。

錣(しころ・兜の後ろ首や後頭部を守る部分)には、古来より用いられた小桜柄の鹿のなめし革を用いた凝った仕様なっています。ひとつひとつ職人の手作業によって仕上げられています。

兜を収納する櫃には、日本の伝統文化の漆塗りの一つでもある「武州塗り」を採用ました。 表面をでこぼこさせるほど堅牢かつ厚く何層にも塗りあげる伝統工芸の武州塗りと言う技法は、保管のための丈夫さとキズの付きにくさを高め、飾ってもその手仕上げの様式美を魅せてくれます。

台と屏風には本桐製の軽くて丈夫な素材を使ってより兜を引き立たせています。 黒塗りの木製桐枠で造ったシックな金箔屏風で全体を上品にまとめています。 飾り台には床の間等の正式な場で使われる流備畳を採用、本物の持つ優雅さを味わう事が出来ます。 兜の横には武士の魂と家来を表す天然羽根を使った矢と手仕上げ藤巻きの弓や、豪華な刀飾りを配しました。

扱いやすく、簡単にしまえるようにもなっていますので、収納にも大変便利です。 手軽なのに豪華でコンパクト、とっても扱いやすい兜飾りセットです。

※商品は全て一つ一つ手作りの品の為、お届けする品の色柄が画像掲載品と多少異なる場合がございます。

※この製品の木製部分は、手造りによる仕上げとなっております。大量生産品のような均一な出来とは違い、逸品逸品にスレやへこみ、反りや木目が出る場合があります。ご理解の上、ご検討下さいませ。

※品質向上の為、細部の部品仕様が画像と異なる場合があります。

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

レビューはありません。

レビューを投稿